ニート系ドラクエ10

親が80歳、ニートが50歳で行き詰まった状態を、8050問題と言うそうだ。

19年10月19日DQXTVの感想文 その2

19年10月19日DQXTV その2

f:id:dorakueten:20191020082302j:plain

ようやく始まったVer.5公開直前情報コーナー

18時から始まったDQXTVは、19時になってようやく情報コーナーに差し掛かる。

この画面が出たころにはすっかり疲れてました。

先に情報出して欲しかったかな、やっぱり。

情報が待ち遠しくて、大使たちのコーナーはうわの空だった。

もっと楽しみたかったと悔やまれる。

 

情報の詳細は公式サイトや情報サイトを見てね。

 

 スキル振り分け画面

f:id:dorakueten:20191020084116j:plain

スキルの振り分けが職業ごとになるよっ♪

これは前々から公開されていたんだけど、実際のゲーム画面が出たってことですかね。

 

左下に「ふりわけ済みポイント」ってありますね。

スキルポイントと、職業クエストポイントがいくつなのか確認できるようになってるよっ♪

 

この日、安西先生の語尾は「よっ♪」という軽快なものだった。

安西先生って、こんな喋り方だったかな? って思い返してみたんですが、これは先の宣言通り「情報コーナーがんばります」ということなんだろうと解釈しました。

 

マスターポイントは、たとえば15ポイント持っていたら、全職業で15ポイントもらえる。

今は職業ごとに記憶しているので、プレイしてみたらそんなに変わらない。

職業クエストをすれば、全スキルライン100ポイントずつもらえる。

ということでした。

 

会場からドラクエ8みたいな感じ、という声が上がったので、ドラクエ8のスキル振り分けをおさらいしてみましょう。

 

へっ! きたねえテレビだ

f:id:dorakueten:20191020090323j:plain

でもDQXにゼシカはいない

ドラクエ8のスキル振り分けをおさらいしようと思ったけれど、テレビの画像汚いんでやめます、やっぱり。

なんでこんな画像を貼ってしまったんだろう。

 

 安西先生、片手剣パラを強いと評する

f:id:dorakueten:20191020094208j:plain

 つえー!(らしい)

安西先生パラディンに片手剣のスキルラインが追加されることを「かなり強い」と評していた。

そして感情を込めて、コロシアムとかでもつえーだろぉなぁぁとつぶやいた。

 

どの職業にどんな武器が追加されるかは公式サイトや情報サイトにあると思うので、ここには書きません。

職業スキル(パラディンならはくあい等)の200解放は早くやりたい。

最終的にはどの職業も7ラインに近づく。

ということでした。

 

いろんな職業に武器スキルラインを追加していき、落ち着いたら既存のスキルも変えたい。

安西先生曰く「魔法使いのムチ弱くね? ムチなおしてみようか?」

というような見通しを話してくれました。

 

新職業デスマスターの紹介では

f:id:dorakueten:20191020103336j:plain

死霊召喚で、下僕を呼んで戦闘に参加させられるようだが

出演者曰く「4人デスマスターだったらどうなるの?」

安西先生曰く「呼べる! 呼べる!」

出演者曰く「じゃあ全員呼べるじゃん」

安西先生曰く「呼べる! 呼べる!」

出演者曰く「」

安西先生曰く「あ ごめんごめん。消えます。後から呼んだのが有効です」

 

どうやらパーティーに複数のデスマスターがいても、呼べるのは一人分ということでいいみたい。

 

サイトーブイとマナティブイが登場

f:id:dorakueten:20191020102401j:plain

二人がランプ錬金してくれる企画

サイトーブイはラン錬レベル65!

だけどマナティブイは18しかないらしく「錬金できないです」と言ってました。

マナティブイのぶんもサイトーブイが錬金してくれていたみたい。

 

来週にはVer.5の発売と同時に新武器が実装されるので、錬金してもらうなら防具ですかね。

そもそも武器はツボ錬金のほうが多いか。

 

そして腹筋コロシアムという企画

f:id:dorakueten:20191020104230j:plain

リアルで腹筋しながらコロシアムを戦い抜く

一般的なドラクエプレーヤーは腹筋しながらコロシアムをすることが少ないため、どういうテンションで始まるのか予測がつかない。

どうなっていくんだ!? 筆者は展開を固唾を飲んで見守った。

 

そしてこのカメラワークである

f:id:dorakueten:20191020104704j:plain

あれ? えっちなゲームなの?

しかし筆者は活動的なリア充にトラウマがあるため「ここにいては危険だ、いじめられる」というわけのわからない焦燥にかられた。

会場の雰囲気がリア充男女のたわむれに重なって、悔恨が胸を満たした。

 

なんだ、この明るいネトゲは。

みんなこんなにも明るくネトゲをしているのだろうか。

筆者は世間一般のネトゲプレイの実際を知りたくなり、コロシアムへの注意をそらされた。

誰しも本当は暗くしめやかにネトゲをしているはずなんだ。

そう考えて己の心を静めたかった。

 

ネトゲばかりで運動不足だとつらい

f:id:dorakueten:20191020110309j:plain

マジで腹筋しながら戦う

伝わってくるものはあるんですが、ドカーンと爆笑する準備もしていたんですが、感想としては斬新なので笑いどころがわからない部分があって、「ココで笑う」ってわかりやすいところがあればと感じました。

 

日頃から腹筋を鍛えているかどうかで差があったみたいです。

バッコス曰く「ゆうじがひたすら滅ぼしてた」

 

よくわかんなかったけど、それでも筆者にはここが一番おもしろかった。

長いのでここでいったん終わりです。

dorakueten.hatenablog.com

dorakueten.hatenablog.com

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO